楠本加美野 ネット練成講話 GW練成会「神の子の自覚をするには」

ネット練成講話

 

前回

楠本加美野 ネット練成講話 第4日「罪の赦し」
4-1 『生命の實相』より「罪本来なし」を抜粋し、『人類無罪宣言』を編纂 4-2 罪は無いことを全人類に伝えること・・・・人類を救う唯一の正しき道 4-3 神の子の自覚を訴えて、罪の観念が起きてくる 4-4 天地一切のものに感謝するところに、本来の姿がある 4-5 全ての人の罪を赦した時に、その人は救われるんだ 4-6 「怨み無き心」によってのみ、怨みを解くことができる

 

楠本加美野 ネット練成講話

 

 GW練成会「神の子の自覚をするには」

 

前半

概要

GW-01「全ての人類に「神の子」を伝えることが・・・・・人類光明化運動」
GW-02「神の子を自覚する秘訣・・・・・常に言葉の力で「私は神の子である」と唱える」
GW-03「「当り前の人間」が神の子・・・・・だから難しくない」
GW-04「誰でもできる光明化運動・・・・秘訣は「神の子なんだ」と常に唱えること」

人類無罪宣言

「『本来罪なし死なし病なし、なんじの神の子なる実相を見よ。』
私はこの数語にて、これを信ずる者の病を癒し、心の悪癖を消すことに
成功しました。わたしにそれができるだけではなく、この真理を理解した人
にはわたしと同様にそれができるのでした」(156ページ)と、
著者の谷口雅春先生(生長の家創始者)は述べています。編者の楠本氏も
この教えで救われ、またこの教えで多くの人々を救いつつある人です。
なぜ人は平和を求めながら戦争をするのか、「それは人間が自己本来
清浄の霊的実在なる本質を知らないのと、キリスト教的原罪観または
仏教的罪業観で自己処罰、自己破壊をとげつつあるからである」
「戦争も、闘争も、人類のあらゆる不幸、災禍、病気、貧苦等もこの種の
自己破壊願望のマゾヒスティックな傾向からくるものである」と
著者は力説し、本来ないはずの罪がなぜおこり、どのように消えてゆくか
を詳述されています。

 

 

後半

- YouTube
YouTubeでお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

概要

GW-05「最高のいい言葉「神の子だ」をいつも自分自身に使う」
GW-06「本当の信仰、神の子の生きる道は「神様どうぞ私を使ってください」」
GW-07「正に人類光明化運動はインターネットで出来るんだね」

テキスト

楠本加美野 ネット練成講話 第6日「父母の愛を求めて」
4-1 『生命の實相』より「罪本来なし」を抜粋し、『人類無罪宣言』を編纂 4-2 罪は無いことを全人類に伝えること・・・・人類を救う唯一の正しき道 4-3 神の子の自覚を訴えて、罪の観念が起きてくる 4-4 天地一切のものに感謝するところに、本来の姿がある 4-5 全ての人の罪を赦した時に、その人は救われるんだ 4-6 「怨み無き心」によってのみ、怨みを解くことができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました